株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > よくあるトラブル

よくあるトラブル

光熱費はかからなくなります

光熱費はかからなくなりますのイメージ

3週間ほど前に、太陽光発電システム(3.33kW、約365万円)を訪問販売で勧められた。
払えないと断ったが、「この夏には売電価格が2倍になり、毎月の収入が約25,000円位になるので、それで支払いをすることができる」との説明を受けた。節電すれば、収入にもなると思って契約した。
しかし、心配になって調べてみたところ、売電価格が2倍になるのは、夏ではないようなので、解約したい。
(40歳代 男性 給与生活者 香川県 2009年5月受付)
(平成21年10月7日)独立行政法人国民生活センター報道発表資料より引用

問題点

売電収入について過剰な説明や、売電制度について不正確な説明をしている

経済収支や売電に関しては予測等で説明を受ける事が多いですが、予想であって確約・確実ではありません。あくまでも予想や目安です。
ですから極端で過剰な説明・収支説明には気を付けましょう。

補助金があります

2日前に見積もりを持ってきた業者に「居住地のデータ取得を取得して太陽光発電を広めたい。本来より安く売ることが可能。国と地方自治体の補助金もでてよりお得」と勧誘され、太陽光発電システム(約280万円)を契約した。
高額品と割安品のパターンがありの2通りあり、高いほうなら冷蔵庫、テレビ、洗濯機などの家電製品をサービスすると言われ、お得だと思い、高い方を選んだ。後々、補助金が国から出ないことが発覚した。
実は補助金の対象に入っていないことを知っていて、高いほうの契約に誘導したのでは?
事業者が信用できないので、解約したい。
(20歳代 女性 家事従事者 長野県 2009 年7月受付)
(平成21年10月7日)独立行政法人国民生活センター報道発表資料より引用

問題点

補助金の対象外であるのに、「補助金が受けられる」と説明している

補助金の受給要件には条件があります。実際事前に補助金に対応しているかきちんと調べておくことが妥当。
対応していなくても補助金が受けられると説明しているケースがあった。
特に年度末に近づくと、補助金申込は出来るものの、工事完了が国の定める期間までに間に合わない場合は、補助金受給が出来ないケースもございますので確認は必須項目です。

メーカー保証の対象外の工事です

メーカーの10年保証があると聞いて安心して契約しました。しかし、工事終了後に、「実は、工事のやり方に問題があって、メーカーから10年保証の認定が下りなかった」と言われました。
結局、補助金なしで、10年保証もなし、とても残念な買い物になりました。
まかせっきりではだめですね・・・。自分でも、ちゃんと調べれば良かったと思いました。

業者が独自の判断で架台を加工・独自に創作する場合、又は施工をアレンジする場合は『10年保証対象工法』か否かを確認しましょう。

「弊社は東京都の推薦を受けている業者です。」

東京都の推薦を受けていると名乗る業者から電話があり、信頼できると思い太陽光発電システムの契約をした。
高額な買い物なので後で心配になったが、本当に東京都の推薦業者か教えて欲しい。
東京都環境局 太陽エネルギー利用拡大連携プロジェクト
よくあるトラブル&防止策より引用

回答

東京都は特定の業者の推薦はしていません。
太陽エネルギー利用拡大連携プロジェクトの一貫として「連携企業・団体」として募集しておりますが、太陽エネルギーの利用拡大という共通の目標を掲げている企業・団体であれば原則として参加可能となっております。
契約をするときは複数の販売店から見積をとることをお勧めします。

上記回答にもある様に太陽光発電システムの販売で都道府県『推薦』『指定』の特定業者は存在しません。
全て『自称』となります。