株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > 蓄電池システム

蓄電池システム

家庭用蓄電池とは

家庭の電気を蓄えておくことができるシステムで、太陽光発電の天候による供給量変化を補ったり、災害時の非常用電源として使用したりすることが、蓄電池には様々なタイプのものがありますが、最近人気となっているのがソーラーパネルが付いているタイプのものです。昼間の日が出ている時間にソーラーパネルで太陽光発電を行い、そこで発生した電気を蓄電池にためておくことができるため、太陽が出ていない夜間にも電気を使うことができます。

注目の理由

注目の理由のイメージ

電気を蓄える蓄電池は実は携帯、パソコンなど様々な所で使用されており、身近な技術でした。
しかし、家庭用蓄電池にメーカーも消費者も関心がなかったのは、特に必要はなく価格が高いからだろう。
状況がかわったのが、東日本大震災後の電力不足。家庭用蓄電池が停電時の非常用電源として注目を一気に集めてきた。また、平時でも夜間の余剰電力を蓄えておいて昼間に使えば、ピーク時間帯の電力使用量削減に繋がる。また夜間の電力を貯めて日中に使うことにより、電力のピークシフトになる事も家庭用蓄電池の注目点である。
電力会社からの電力の代替電源、バックアップする役割があるのが、家庭用蓄電池。太陽光発電は地球環境にやさしい再生可能エネルギーとして需要が高まっているが、問題は太陽光がでている時間しか稼働しないで、しかも発電量が天気でかなり変わってしまう。この太陽光発電の欠点をカバーするのが家庭用蓄電池なのだ。太陽光発電でつくった電力を蓄電池に蓄えておけば、夜や天候の悪い時でも太陽光でつくり出した電気が使える。電気代が高い時間帯や電力使用量のピーク時に家庭用蓄電池からの電力を使うように自動制御することも可能である。

太陽光+蓄電池で目指せ光熱費0円生活!!

オール電化+太陽光。これを組み合わせ、調理や暖房など、家庭のエネルギーをすべて「電気」でまかない日頃の光熱費削減ができます。太陽光エネルギーを受けて太陽光発電が発電した電力により、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給。オール電化にすると、深夜の安い料金を賢く使えば電気代を節約できるし、午前中に集中しがちな家事も深夜電力を利用して上手に節約コントロール。
太陽光でできた電気を蓄電池に貯めたり、夜の時間の安い電力を蓄電池に貯めて、電気代削減可能!!
さらに、売電も組み合わせれば、光熱費0円生活、電気自給自足生活も夢ではありません。

蓄電池Q&A

オフィスや店舗への設置は可能ですか?

可能です。病院、薬店等ですでに使用されています。

電力会社との契約は必要ですか?

届け出などは不要でご自分で可能となっております。

太陽光発電システムとの接続は可能ですか?

接続は可能です。太陽光と組み合わせていろいろご活用ください。

蓄電池を付けることで、停電時にも燃料電池・ガスエンジンを動かすことは可能ですか?

可能です。災害時の強い味方。もしもしの時の備えに注目を浴びています。

蓄電池に夜間の安い電力を貯めて、昼間に売電することは可能ですか?

不可能です。夜間で貯めた割安な電力は日中に使用していきましょう。