株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > 太陽光発電

太陽光発電

今。話題の太陽光発電

今。話題の太陽光発電のイメージ

屋根に取り付けた太陽電池から、太陽の光で電気をつくります。
できた電気は実際にご家庭で利用できますし、しかも余った電力はなんと電力会社が買い取ってくれます。

例えば災害、地震で停電になった時でも太陽さえでていれば電気をつくることができる、地球環境にやさしく、家計にも経済的にも嬉しいエコなシステムです。

ところでなんで、太陽光発電が注目を浴びているの?
それは地球温暖化は進み続けています。その原因と言われているのは二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスであるとみて間違いありません。最大で6.4℃上昇すると言われている今世紀末の地球の平均気温。
今や、地球に余裕はありません。
2012年までに日本は二酸化炭素などの温室効果ガスを6%削減するという目標を決定しています。

そこで国が推進しているのが太陽光発電なのです。太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、排気ガスがでませんし、騒音もありません。とてもメリットのある環境にやさしいエコなエネルギーなのです。

太陽光のメリット

光熱費削減

太陽光発電は光熱費削減が可能となっています。しかも太陽光とオール電化は組み合わせがよく作った電気をさらに活用でき、かなりの光熱費節約になるのです。オール電化住宅+太陽光発電とは、家庭でのエネルギーを電力でまかなうだけでなく、電力を太陽光の力で生み出すことができるのです。つまり、太陽光発電エネルギーを有効に使うことで光熱費節約ができるだけでなく、もしかしたら電気を電力会社に売ることまでできる、より家庭家族のための電力といえるのです。
※ご家庭の条件により異なります。

たとえば… 千葉県 Mさまの場合(大人2人、子ども2人) 年間228,743円の光熱費削減 月平均19,061円

発電した電気、使って、売って2度お得!

太陽光発電とオール電化を組み合わせて上手に省エネ

日中できた電力は、もちろんご家庭で使用できますので電気料金はもちろん無料です!
しかも面倒な手続きなく余った電気は電力会社に売ることが可能。さらに夜間の電気代を安くする時間帯別電灯契約を利用すれば、電気代を節約でき、売った分の電気料金がお客様に自動入金されます。

余った電気を売って、夜中の割安電気を使って2度お得!!

もしもの災害時

災害の地震や台風などが起こった際、もしも停電が起きた際、太陽光発電の電気を供給ができます。
発電している分の電気はもちろん使用することができます。
もしもの時の備えとしてお使いいただけます。

太陽光のデメリット

太陽光のデメリットのイメージ

電力はもちろん日が出ている昼間しか発電できず、天気や時間で変わってしまいます。しかも夜は電気は作れません。
そのような発電量が一定しない電力ですので、頼ってしまう事が難しいです。
天候頼みから脱却して不安定な電気を蓄え、安定電源に換えていくシステムが必要不可欠になってきます。技術の向上が待たれます。

太陽光Q&A

太陽電池の寿命は?

一般に、平均して20年以上の寿命が見込めます。ただ、天候や条件で変わってしまうので一概には言えません。

曇の日や雨の日も発電するの?積雪の場合はどうなの?

少ない量ですが発電できます。曇りでは晴れの1/3~1/10、雨では1/5~1/20になってしまいます。
積雪の場合は太陽電池の発電量は期待できません。

寒い地域での発電量は?

太陽電池は、1年間を通してり多くの日射量が得られ、寒い場所ほど、良く発電します。しかし、寒冷地において、雪などで太陽電池に入射する光が遮られる場合は、その間発電量が下がってしまいます。ですから、実際の発電量は、地域や、太陽電池の取り付け状態によって異なりますが、寒さというよりは天候にも左右されるので単純に言うことは難しいです。

売電と買電の価格差はあるの?

各電力会社で異なりますが基本的には買電の料金とほぼ同一です。

どのくらいの容量(kW)があれば、一般家庭(4人家族)の電気をまかなえる?

一概にいえませんが、一般家庭が使用する平均年間消費電力量は約5,500kWhとされていますので、5kW相当の太陽電池を設置すれば、ほぼまかなうことが可能です。ただ生活スタイルで変わってきます。

雷が落ちやすくないの?

太陽電池と雷は関係があまりありません。屋根や屋上に設置する他の設備と同様です。

方位、傾斜角により発電量はどの程度変化するの?

日本では、最も有利とされているのが真南の緯度角程度です(東京の場合、30°~35°程度)。
原則的には最大の発電量が得られる方位、角度に太陽電池モジュールを設置しますが、構造や外観や経済面などを考慮して、発電量最大の条件で設置されるとはかぎりません。
ご家庭の屋根などの場所に取り付ける場合にはその設置する場所に合わせた方向、方位、角度に設置するのが通常です。
設置角度は屋根勾配に対して水平に設置するのが基本的です。陸屋根は傾斜角30°程度がお勧めです。

影の影響はあるの?

影が太陽電池に掛かってしまった場合、発電量はどうしても低下してしまいますがゼロにはならず影の部分でも周囲からの散乱光により1/10~1/3程度発電します。できるだけ太陽電池に影が掛からないような対策や工夫をすることが必要です。

設置できない所はありますか?


・腐食性物質があるような場所
・揺れたり衝撃を受ける可能性のある場所
・避雷針及び避雷導線から1.5m以内の場所

この他、太陽光がかからない場所や北を向いている所など、発電効果がえられない場所はお薦めできません。家庭ではほぼ設置可能ですが、建物の高さにある程度の限度があります。販売店等が確認の上、ご案内させて頂く事になります。

設置できない屋根はありますか?

数多くの屋根に適した取付金具をご用意しておりますが、特殊な屋根にはつけることができない場合があります。
ぜひお気軽にご相談ください。
北:約66%、東:約85%、南東:約96%、南:約100%、南西:約96%、西:約85%(設置角度30度の場合の例)

設置できる屋根は南向きだけですか?

屋根の方角でかなり発電量が変わってきます。ひとつの方角だけでは、充分に設置できない場合は、パネルシステムを東西などに分けて設置する事も可能なのでお気軽にご相談ください。北面への設置は、発電量が少ないこと及び近隣(北側)へのパネルの取り付けはできるだけ、設置をおやめ下さい。