株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > お金について

お金について

設置費用について

設置費用についてのイメージ
お問い合わせはこちら

初めて太陽光発電を導入した場合は、費用がまったく見当がつかず、「金額は?」とお思いの方が多いと思います。

太陽光発電はお客さまの家にあった独自のものになります。設置費用は、ご家庭の屋根の面積、屋根材の形状によって取り付けするシステムや容量、すべてが変わってきますので、検討時には専門家に要相談。
まずはご相談から。

設置費用の目安

設置の費用としては「太陽光パネル本体価格」だけだとおもっていませんか?

太陽光発電の設置費用

初めて太陽光発電を知ったお客様から「費用って、太陽光パネルの本体だけ?」という質問を多く頂きます。
しかし、実際にかかってくるのは本体価格だけではありません。費用面としては「機器費(モジュールやパワーコンディショナーなど)」以外に、「設置のための工事費用」、「補助金の申請手続きやアフターケアなどの諸費用などの雑費」をトータルした費用となります。

値段だけでは決められない!各業者のサービス内容の「メリット・デメリット」をよく考えてみましょう!
会社次第で特に金額に差が出やすいのは「工事費」と「諸費用」。
各会社で、提供するサービス、アフターフォローの内容が異なります。
例えば、「諸費用」や「経費」の安い業者では「アフターフォローがない」であったり、高い会社では「品質やアフターケア、保証制度などサービスが充実」など付サービスをおしている会社もあります。

各業者に特色がありますのでお客様が何を求めているかで変わってしまいます。

太陽光発電は、「どの位発電できるか?」で重要

太陽光発電は、「どの位発電できるか?」で重要のイメージ

費用、料金を見るときに重要なのは、「その価格・プランでどの位発電できるか?」「どのくらい元がとれるか」です。
同じ環境でシステムを設置した場合の発電量の違い

例えば、同じ屋根の条件下で「2kW 120万円」と「3KW 180万円」という見積りがあったと仮定します。その場合、お得なのはどちらでしょうか?

確かに、初期費用は「2kW 120万円」の方がお得です。
しかし、同じ屋根の条件で詳細な計算をしてみた所、「3KW 180万円」の方が発電量は多くなり、毎月の電気料金は安くなります。
また、今は新買取制度があり、大きなシステムでたくさん発電・売電することで、初期費用の投資回収期間が短くなる場合もあるのです。

費用を考えた場合には初期費用ではなく、以下の3点をよく計算して検討すると良いでしょう。
  • どの位発電できるのか?
  • 毎月の電気代と売電収入はどの位になるのか?
  • ローンとのバランスは?投資回収期間はどの位になるのか?

※設置条件により適用にならない場合があります。
「安い価格」にまどわされないよう要注意

国や地方自治体の助成制度をもれなく活用しよう!

国や地方自治体の助成制度は活用しよう!
「補助金制度」の活用で、設置価格が8%以上お得になる可能性もあります。
太陽光発電の補助金が2009年に復活し、ますます導入が加速

太陽光発電の補助金

国の太陽光発電の補助金が2009年から復活しました。補助金は、1kWあたり4.8万円。
標準的なシステムでは3kW前後で約14.4万円の支給となります。また、都道府県や市区町村でも既存の補助金制度を拡充したり、新たに創設する所が増えてきました。

補助金制度は多くの場合、先着順のため自治体によっては終了しているところもあります。
ご興味をお持ちの方は当社までお気軽にお問い合わせください。

新買取制度の活用で、売電価格が42円、回収期間が約10年程度に

新買取制度の活用で、売電価格が42円、回収期間が約10年程度に減りました!!
売電価格が1kWhあたり、42円になりました。

補助金にさらにはなんと、2009年11月には家庭で余った電気を10年間買い取ってくれる「余剰電力買取制度」がスタート。こちらの制度により、昼間発電した電気を売電して得られる売電収入が多くなり、回収期間も従来の20~30年から10~15年に短縮することが可能になりました。

余剰電力買取制度にも申込み期限があり、現在の42円は、平成24年3月末までに電力会社へ契約申込みをされた方が対象になります※。それ以降については、売電価格が変更になる可能性があります。
※金額は2011年4月現在