株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > エコキュート

エコキュート

エコキュートとは

近頃よく聞くエコキュートとは空気の中から熱エネルギーをうまく使うシステムの事です。エコキュートとはこのヒートポンプと言われるシステムを使って炎を使わないで「空気の熱」を使用してお湯を沸かすことが出来るエコ省エネ給湯器の事一つ。温水器とは言っても今まで使われていたものと比べると一目瞭然、少しのエネルギーでたくさんのエネルギーが得られるので、効率よくお湯を沸かし、経済的にも非常に有利です。

エコキュートのイメージ

一か月あたりの費用

家計におトク 給湯光熱費は、都市ガス給湯機の約1/5 三菱試算条件例 計名:SRT-HP37W6 運転モード:おまかせ 給湯負荷:JIS C 9200:2011による 電気料金:関西電力「季節別時間帯別伝統契約 はぴeタイム」通電制御割引を適用 都市ガス料金:139.76円/m3(基本料金は旧区都その他で按分)2011年9月現在、三菱調べ ※ランニングコストの目安は、JIS C 9220:2011に準拠し算出した東京・大阪平均の年間消費電力量を大阪地区に換算して算出しています。また、年間電気料金を月平均したものであり、季節や地域、運転モードの設定、ご使用状況、電力契約等により異なります。※ESシリーズを除く

給湯に断然お得なエコキュート!!
エコキュートなら給湯に必要なエネルギーは、なんと通常時の電気温水器の約1/3。
だから、月々のランニングコストを比較すると、割安!年間で考えるともっとお得!

試算条件(当社試算)

風呂保温、追いだき運転を行うと夜間時間帯以外でもヒートポンプ運転を行うことがあります。ヒートポンプ運転は夜間時間帯以外での使用では金額が高くなる可能性があるので注意が必要です。 電気料金は2009年6月現在の約款、ガス料金は2008年11月現在の約款を使用しております。

※1ダイキン社試算時より多くのお湯を使用した場合や、沸き上げ湯量の設定、給水温度、外気温度によって光熱費は変わります。冬場の光熱費は夏場より高くなります。

※お住まいの地域やご使用状況、供給ガス種別により削減幅は異なります。

エコキュートのメリットいろいろ

エコキュートのメリットいろいろのイメージ
エコキュートにするとどんなメリットがあるのか

エコキュートは省エネで環境に優しいというだけでも十分なですが、やっぱり本当の所でのメリットは気にしたいところですよね。
エコキュートにした場合
ランニングコストが安い!
火を使わないから快適・安心・安全
浴室暖房や床暖房も可能!多機能型タイプがあり
補助金もあります
災害時に役立つ安心さ

エコキュートは毎月コストがかなり安くなります!

普通の家庭の光熱費で、3分の1は給湯で使われているといわれています。その給湯費を大幅削減できるので、光熱費を大きく下げることも可能となっています。
家庭で差はあると思いますが・・・1カ月あたりの給湯ランニングコストは、約1000円程度と考えられています。都市ガスと比べると、なんと約6分の1程、ふつうの温水器より約3分の1程度にまで給湯にかかる費用削減につながるいわれています。
電気代や光熱費の事例がメーカーや電力会社のホームページでできるので一度ご確認してみるといいですよ。

火を使わないからクリーンで安心・安全

火を使わないので、火を燃やすことによる臭いや煙が出ることもありません。排気である二酸化炭素をださないクリーンマシーンですので、ここでも地球温暖化防止、貢献にもなります。
エコキュートには、そのエネルギー効率の良さを生かした、床暖房や浴室乾燥・暖房ができる多機能タイプがあります。給湯機能だけで充分、という方にはメリットではないかもしれませんが、新築やリフォームを考えているなら、一緒に検討してみるといいかもしれません。

補助金制度などの優遇がある

そのため、エコキュートの普及を推進するため、国が助成を行う補助金制度があります。導入費の一部について補助金が受けられるため、初期費用負担を軽くすることができます。

デメリットとは

エコキュートにもある!?デメリット エコキュートは他の給湯器よりも割高

エコキュートは、給湯器)と比べると、導入費用、工事つまり初期費用が高くなってしまうんです。毎月のコスト、費用面は安いのですがどちらがいいのかはよく考えてからご決断ください。

またオール電化にする際、電気温水器、エコキュートと比べてよく考える方がかなり多いようです。
初期投資を低くして毎月のランニングコストはエコキュートの約3倍でもいいなら電気温水器、初期投資がかかってもランニングコストを抑えたいならエコキュート、どちらにするかはあなた次第といったところです。

エコキュートQ&A

なぜエコキュートは電気代が安くなるのですか?

エコキュートは夜間の電気料金が約70%も割安になるんです。夜間にお湯を沸かして次に使う時のお湯を貯めておくことができます。また、効率がよいヒートポンプシステムと組み合わせることで、給湯にかかる費用を抑えることができるのです。

電気温水器との違いは何ですか?

エコキュートは大気中の熱を利用してお湯を沸かすシステムで電気の力でお湯を沸かす電気温水器と比べるとエネルギー量としては少なくてすみます。電気の力だけにかかっていた負担を自然の力と分けるので、電気にかかる負担(=電気代)がお得になります。

長期不在の時はどうしたらいいですか?

16日間以上不在時は、跳水タンク内の水は排出してください。水質が変化する可能性があります。

全ての蛇口からお湯が全く出ませんが何が原因ですか?

断水しているかもしれません。または給水用止水栓が閉まっていないか確認して下さい。
冬は配管が凍ってる可能性があります。お買い上げ頂いた販売店(工事店)様にご相談下さい。

エコキュートから出てきたお湯はそのまま飲用できますか?

そのままの飲用は避けてください。
沸騰させてからお願いします。