株式会社ライフサポートからのご提案
HOME > オール電化

オール電化

そもそもオール電化って?

そもそもオール電化って?のイメージ

オール電化のメリットは?

安全性

オール電化のメリットの中でも安全性が一番です。
なんといっても火を使いません。平成16年度の消防白書によると、建物火災の原因第一位は「キッチンからの出火」とされています。オール電化ですと、IHクッキングヒーターは電磁線で加熱しますので、「火」は使用しません。
そのため、従来のキッチンからの出火というリスクが最小限に抑えられることにより安全性も高く担保されます。
高齢者の多い住宅や子供がいても安心。オール電化が普及しているのは、こういう理由からです。

経済性

オール電化を検討する皆様が一番悩まれている部分だといえ、オール電化の経済性が非常に重要です。
オール電化の場合、これまでの電気とガスのエネルギー源を電気に一本化することで、基本料金が一つになります。
また、電力プランを夜間電力に変更して、夜間の割安な電力を使ってお湯や暖房を使用することかなりの経済的なメリットを受けることができます。電力会社の試算によると一般家庭で月間1万円前後も光熱費カットが期待できるとされています。

1年間の光熱費試算(当社シュミレーション値)

住宅性能は次世代省エネ基準、4人家族を想定し試算。

環境(エコロジー)

オール電化において、地球に優しいというイメージがあります。オール電化は電力の大半を深夜電力を使用しています。
では、なぜこれがエコロジーなのかというと、電力会社は発電を止めることができないので(効率が大きく落ちるため)、夜も電気を作り続けるしかないのです。しかし、夜間は消費される電力が圧倒的に少ないので電気が余っている状態なのです。電気は保存できませんので、その分の電力は無駄となってしまいます。
しかし、オール電化住宅では、その余っている夜間電力を活用してお湯を沸かしたり暖房の熱源を取得したりしているので、昼間に消費するはずの電力消費を抑えることができ、電力会社が発電する総エネルギーを抑えることができるのです。

デメリット

原子力発電事故から私たちが電気が限りあるものだと実感しました。

日本全国で工場などのIT化などが進んだり、新しい電化製品が増えたりすることによって使用する電力量は増えつづけています。電気は私たちの生活に欠かせないものなので、より効率的に使っていきたいところです。
しかし、オール電化住宅になれば、今までガスや灯油で補っていたエネルギーも電気に変えてしまうことになります。
大事な電気だからこそ、現在の日本には電力不足の問題もでてきています。より最適な電気の使い方を考えていかなといけません。

深夜はお得でも、昼間は割高。

オール電化の場合、通常はエコキュートの利用を考えて、深夜の電力が割安になるオール電化契約をしています。
しかし、電気は給湯以外にも様々な使い道があるので、昼間もエアコンや照明など長時間電力使用を行った場合は、この料金体系のメリットを活かすことができず、かえって割高になる可能性があります。昼間に大量のお湯を使ってしまい沸かし増しするときも、昼間の料金単価の高い電力を使ってお湯を沸かすことになってしまいます。

お湯不足になることも

オール電化住宅は、深夜の安い電気代によって高温のお湯をつくりタンクに貯めて使います。
日中にお湯を使いすぎて湯切れが起こりそうになると、自動的にタンクのお湯を沸かし増ししますが、大量にお湯を使用するとお湯が切れてしまうことがあります。親戚・家族が泊まりにくるなど使用量が増えるケースに対応が難しいなどのデメリットがあります。計画性をもってお湯を使っていきましょう。

ガス管を使えない

オール電化にした際のデメリットとして、やっぱりガスに戻したいと思ってもすぐには戻すことはできません。
熱源方式というシステムは、変更する事は容易ではなく、家を新しく建てる際でもしっかり計画を練って決めなければいけません。
途中から容易に変える事はできません。
元からガス管がない状態では、変更はかなり難しく、オール電化で新築を建てた場合、現状はガスにすることは非常に困難と言わざるをえません。
ですから、オール電化にする際は十分に検討して、自分のためになるかどうかしっかり検討した方がいいでしょう。

オール電化Q&A

オール電化にすると電気代が高くなるの??

違います。オール電化にすると、電気代、ガス代と分けてた光熱費をひとつにまとめる事ができることから、基本料金だけでも安くなり大きなメリットが生まれます。調理時の光熱費も、機器性能が上がった事によりガスコンロと同等もしくはそれ以下。深夜電力を利用できる給湯は、光熱費を一番節約できるポイントとなります。しかもエコキュートなら、空気の熱を利用してお湯を沸かすため、さらに大きな節約ができるようになります。

オール電化にすると、停電したときに心配です。

灯油、ガスなど電気以外の熱源でも電気を利用しているものが多くあり、停電した場合は使えませんから、オール電化住宅と現状は変わりません。ちなみに、年間で停電するのは平均でたった3分間程度と、海外に比べてかなり短いです。過去の災害発生時でも、電気が最も早く復旧しています。ちなみに、電気温水器は前もって夜のうちにお湯を作って貯めておくので、安心な面もあります。

オール電化割引が適用される火災保険について教えてください。

火災保険商品では、オール電化であれば保険料を割引かれるものがあります。火を使わないからで、家計、家族に優しい特典です。ここ数年、新築割引などの様々な割引とも併用可能な「オール電化住宅割引」がAIU保険会社の火災保険で適用されます。この割引はAIU保険会社がオール電化住宅の火災リスクの低さにより日本ではじめて認可を取得したものです。オール電化住宅の重要メリットがプロである保険会社にも認められたわけです。

オール電化機器購入向けの優待ローンがあるというのは本当ですか?

金融機関によってはオール電化購入資金によっては金利が優遇されるローンを行っている所もあります。直接、銀行にお問い合わせて、金利やサービス内容、利用対象を確認しましょう。各金融機関によってサービスは異なります。


オール電化機器購入資金に限定して、金利優遇のローンサービスを実施している金融機関もあります。具体的な金利やサービス内容、利用対象などは、金融機関によって異なりますので、直接銀行へお問い合せください。

200Vってオール電化で見ますけど何ですか?

現在の一般家庭でご使用されている電気の電圧は100Vです。2倍になったのが200Vです。電圧が2倍になる分、電気温水器やクッキングヒーターなど大型電気機器が効率よく使えます。また同じ量の仕事をするのに必要な時間は半分で済み、しかも電気代はほとんど変わりません。